内視鏡検査

内視鏡検査とは

内視鏡とは、外から見えない身体の中を先端にレンズのついた管状の機器を入れて観察し、場合によっては処置・治療をする医療機器です。当初の胃カメラは文字通り先端に小型のカメラが付いており、撮影時の胃内の光の位置をたよりに盲目的に撮影していました。その後、ガラス繊維の束を通して直接胃内を観察しながら撮影出来るようになり(ファイバースコープ付き胃カメラ)、現在はCCDを搭載したスコープが用いられています。そのCCDの性能の向上によりどんどん画像は高画質化してきています。このような歴史的経緯から、正しくは「内視鏡スコープ」と呼ぶべきものを「カメラ」と呼ぶ場合があります。

当院では上部内視鏡検査(胃カメラ)・下部(大腸)内視鏡検査を行っております。苦しいのが当たり前といった検査にならないよう鎮静剤を使って眠っている間に安全に受けていただいています。検査後はベッドでゆっくりお休みいただいた後、帰っていただきます。他院で苦しい思いをして二度と受けたくないが、心配で悩んでいる方は是非当院での受診をお勧めします。

なぜ内視鏡検査がX線検査(バリウム)より良いのか

粘膜面の微細な色調の変化や凹凸が観察でき、早期ガンの発見に最も有効です。X線検査は凹凸の判断はできますが、色調の変化はわかりません。内視鏡検査は病変の一部をその場で採取(生検)し、良・悪性を判定することができますが、X線検査ではできません。内視鏡検査はX線の被爆がありません。妊娠中の人にも検査が可能です。X線検査では飲んだバリウムで便秘になることがあります。

料金

胃カメラ検査
病理検査なし 約6,000円
病理検査あり 約8,000円
大腸内視鏡検査
検査のみ 約5,000円
ポリープ切除した場合 約20,000円

PAGE TOP